ママンのオススメ

【神コスパ】ヨーグルトメーカーで、R1ヨーグルトを約10倍に!

ヨーグルトメーカーでR-1を10倍に!タイトル

こんにちは!
毎日快腸生活を送っているとみい(@tomii_momwriter)です。

新型コロナウイルスと共に生活をする時代になった今。
できるだけかからない、かかったとしても限りなく重症化しないようにするには、
「免疫力」が大事だとか。

ワクチンだの新薬だの、なんだかんだ言ってもやっぱ人間の免疫力ってすごいんでしょう。
人体の奇跡ってやつですわ。
(もうこのへんの真意はプロに聞いてください。余談ですが人間のカラダの仕組みは、マンガ「はたらく細胞」とかめっちゃオススメです!これまじで学校の先生も参考にしてるらしい。)


がしかし、普段の生活を送っていても免疫力向上には限界があります。
早寝早起き、バランスのいい食事、運動に加えて大事なもの。
はい、腸内環境でございます。

何年か前から、明治のR-1ヨーグルトが免疫力を高めるのに一定の効果があると評価されていますよね。

でも1本約130円。130円×7日=910円、1週間で税込にしたらほぼ1000円。

これ、1人あたりの値段ですからね。
とみい家のようにお子と2人だと、月4週で計算して約8000円。
4人家族とかになると単純計算で月16,000円!!!!!

とみいママン
とみいママン
詰んだな。うん、詰んだな。

でもね、これからの季節、インフルやコロナ罹患で病院に通うことを考えたら、
決して高くはないんだけれど、けれどもーーー!ってなるのが主婦ですわ。

…と嘆いていると、

「じゃあ自作すればいいじゃん」

って母から言われしまいまして。

そこで噂に聞いていた、
「ヨーグルトメーカーを使って錬金術ならぬ錬ヨーグルト術をやってやろう!」ってスイッチが入ったわけです。

さっそくヨーグルトメーカーを購入して作ってみたところ…

これがすごかった!
ホントに倍増どころか、倍々ゲームのように無限培養できてしまうじゃあーりませんかっ!

というわけで、
冬のコロナを乗り切るためにも、
お財布をあったかくするためにも、
みなさんにおすすめします!

まずはヨーグルトメーカーをGETする

牛乳をセットしたヨーグルトメーカー画像

まずは何を用意するかって、ご本尊のヨーグルトメーカーです。

これがないとはじまりませんからね。

ヨーグルトメーカーってね、実はヨーグルトだけを作るマシンではありません。
多種多様な低温調理や発酵調理ができるので、一家に1台あっても絶対に損はないと思います!

とみいママン
とみいママン
なんてったって料理が苦手な私が、劇的に料理上手に見えるようになったんで笑

ヨーグルトメーカーを購入する際にチェックすべき点は3つ。

ヨーグルトメーカーの選び方:3つのポイントを押さえるべし
【ヨーグルトメーカー】3つのポイントだけ押さえて選べばよし!おうちで簡単にヨーグルトができてしまう「ヨーグルトメーカー」。いろんなメーカーから販売されていますが、3つのポイントがクリアできていれば、発酵調理や低温調理までできてしまう優れモノ!ヨーグルトメーカーを導入して、スイッチポンで料理上手に!...

↑の記事では、とみいが購入の際にアホみたいに調べまくったヨーグルトメーカーを厳選して紹介していますので、手っ取り早く「おすすめのを教えてくれい!」という方はご参考までに。

ちなみに記事では…

【ビタントニオ】
ビタントニオ Vitantonio ヨーグルトメーカー VYG−20

【アイリスオーヤマ】
ヨーグルトメーカー アイリスオーヤマ 甘酒 飲むヨーグルト IYM-013 ウイルス対策 低温調理 ヨーグルト 麹 牛乳パック 容器 家電 調理 レシピ付き 自家製 発酵 納豆 美容 コンパクト おしゃれ

の2社をピックアップしていますが、とみいは悩んだ結果、ビタントニオにしました。

理由は、「デザインがいいから」。

もちろんどちらもシンプルでオススメなのは間違いないんですが、
とみい家のお部屋のコンセプトが「男前アウトドア部屋」でございまして。

男前アウトドア部屋DIY_冷蔵庫横のストッカー準備編
男前アウトドア部屋DIY:冷蔵庫の横にストッカーをつくる!準備編賃貸住宅に住むアウトドア好きな私は、現状回復できる「男前アウトドアDIY」でお部屋をプチリノベしています!今回ご紹介するのは、冷蔵庫横の食品ストッカー。まずは準備編です!...

ビタントニオのステンレス感に一目惚れしてしまったんですねー。

とみいママン
とみいママン
この無骨感がなんともステキやん♪

というわけで、早速ゲトしていざ!
キッチンラボにて無限培養へ!!!
(ラボと言いながら実際のとみい家は、ザ・賃貸!なテイスト感満載の普通のキッチン笑)

牛乳(生乳)とR-1を用意する

牛乳とR-1ヨーグルトが並ぶ画像

さてここからは無限培養の錬金じゅ…いや、錬ヨーグルト術のスタートです。

とみいママン
とみいママン
これでR-1をがっつりと増やしちゃうもんね…ヒッヒッヒ~

(…とみいさんよ、わっるい顔をするでない汗
家計に優しいことをするんだからー!)

まずは1Lのパック牛乳と、R-1ヨーグルトを用意。

ここで大切なのが、
「牛乳とヨーグルトの種類を間違えないこと」

間違えると上手くできません。

牛乳は、必ず生乳を選んでください。

てっぺんの部分に、ゆるーい扇状のくぼみのようなものがありますよね?
(牛乳を注ぐ開口部、あけぐちの反対側についています)

生乳の証、切欠きの画像

このくぼみ、「切欠き」と言う名前がついておりまして、切欠きがある牛乳が生乳でございます
目の不自由な人が触って「お、これが成分無調整の生乳だね」と分かるようにつけられているんです。

低脂肪牛乳や、逆に乳脂肪分を高めて濃い牛乳にしているものはすべて「加工乳」といって、切欠きはついておらず開口部は真っ直ぐになっています。

今度スーパーに行ったらぜひ見てみてね。

次に種菌となる、ヨーグルトです。

ヨーグルトは、R-1のドリンクタイプのものを。

固形タイプだと、牛乳パックに入れるときになかなか手こずって、最後は絶望します。

とみいママン
とみいママン
液体は液体同士で混ぜるのがラクに決まっておる。

もちろん種菌はR-1じゃなくてもOK!
ラクトフェ●ンやらガ●リ菌やら、同じような容器サイズで、いろんな菌の商品が売られているので、好きなものを選んで大丈夫ですよ。

牛乳(生乳)にR-1を入れて混ぜる

R-1を牛乳パックに注ぐ画像

牛乳とR-1が用意できたら、いよいよまぜまぜタイムです。

まず牛乳から、R-1を加算するぶん(約100cc)をコップに注ぎます。

これをちゃんと最初にやっておかないと、R-1を牛乳パックに足したときに間違いなく溢れますのでご注意を。

次に、牛乳の中にR-1を注ぎます。こぼれないように慎重に!

注いだら、次は取説などに書かれているとおり
「付属のスプーンで混ぜます」
…という順番になりますが、
しっかり熱湯衝動をしておかないと雑菌が入る原因になりかねないので、ここは注ぎ口をぎゅっとつまんで軽く牛乳パックを振る程度で大丈夫です。
だって熱湯消毒面倒だもん。

とみいママン
とみいママン
激しく振ると牛乳ブシャーーーー!ってなるで!

なんなら振り忘れたときでさえも、ちゃんとヨーグルトは完成していました(笑)
乳酸菌ってえらいのね。

40℃、7時間で設定してスイッチオン

ヨーグルトメーカーに牛乳をセットした画像

牛乳パックの下準備ができたら、いよいよヨーグルトメーカーにイン!

我が家のヨーグルトメーカーのレシピには、
40℃、7時間で完成すると書かれています。
(各メーカーのレシピや取説で確認して設定してくださいね)

ここでひとつ、こっそりポイント。
牛乳もR-1も冷蔵庫から出してすぐ準備するので、結構冷たいんですよね。
なので我が家は40℃、8時間で設定しています。
取説の設定時間+1時間です。
そのほうが完璧に仕上がります。

タイマー終了とともに完成!R-1が約10倍に!

紙パックヨーグルトが完成した中身画像

スイッチポンで放置すること7-8時間。
寝る前に設定したなら、朝食時にはできたてのヨーグルトが完成しています!
ひゃっほーい!

なんとなんと!
100ccちょいのR-1ヨーグルトが、1000ccのR-1に大変身!
約10倍になっちゃいいました♡

ちなみに完成したR-1ヨーグルトの味は、
ちょっと酸味のある感じですね。

ただし牛乳のチョイスによって味やかたさが変わるので、自分の好みのヨーグルトに出会うまでいろんな牛乳で試してみるといいかと思います。

参考までにこちらもどうぞ。牛乳の種類別、固さ比較の表
とみい家はこんな感じでかたさが分かれることが多いですね。
低温殺菌牛乳は、どのメーカーの牛乳でもゆるーくしか固まりませんが、
酸味が和らいでとっても優しい感じのヨーグルトになります。
逆に、「2本で●●円!」みたいなお買い得牛乳は、
「イエーイ!がっつり固めちゃうぜぃ!」ってくらいザ・ヨーグルトになることが多いです(笑)

結論:ヨーグルトメーカーさえあれば、健康にもいいしお財布にも優しい

weckに入ったヨーグルト画像

100ccちょいのR-1ヨーグルトが、約1000ccのR-1に!
では実際のところ、どれくらいお得になるのか計算してみましょう。

ざっと計算すると…
R-1 130円 + 牛乳 200円 = 330円。

1000ccで330円ということは、100ccあたり33円ってこと。
ということは!!!
いつも1本130円で買っていたR-1が、33円で買えたも同然ってことです!
まじ家計に優しい♡

毎月1人あたり130円×30日=3,900円、
2人だと7,800円もしていたR-1が、
1人あたり33円×30日=990円、
2人だと1,980円で済んじゃう奇跡!

いやこれホント錬金術バリの凄さです。
いやこれホント冬の時期を乗り越えられそうです。

私の場合は、「お得」ってことが分かっただけで、
精神面からも免疫力が上がりそうですが(笑)

まとめ

・ヨーグルトメーカーを使うとR-1が1/4の値段で買えるのと同等になる
・牛乳パックとR-1さえあれば、7-8時間後に勝手に完成
・コスパだけでなく、免疫力アップを目指すのに最高の調理器具
・結果、買って損なし